痛みを抑えた虫歯治療

虫歯治療

当院ではできてしまった虫歯に対して、状態を詳しく調べた上で、少しでも不快感を抑えるために、効果的かつ、痛みを抑えた治療で提案しております。

いわゆる痛みを抑えた治療・無痛治療と呼ばれる治療法には、大きく3つあります。麻酔の治療、レーザー治療、抗菌剤の治療があります。
🌷麻酔の治療には、注射で麻酔をする方法があります。麻酔注射する箇所にも表面麻酔もかけます極力痛みを最小限にできるようにしております。(保険診療)
🌷レーザー治療は、歯を削る振動・削る音などほとんど無く、麻酔を使わずに治療することも可能となります。
🌷治療と同時に歯質強化を行いエナメル質や象牙質を強くして虫歯のできにくい歯にしていきます。(保険外診療)
🌷抗菌剤の治療は、歯を削らずに「薬で虫歯を治す」歯科治療法のことを言います。当院ではこの薬に、ドックベストメント/カリソルブ治療を導入しています。(保険外診療)

 

当院では無痛治療という言葉は 使用しておりません。どの処置も口腔内に機材やレーザーなどが触れる時にちくちく感じたりする場合もありますし、痛みの感覚は個人差が非常にあるので、無痛治療とうたった治療は行っておりません。逆に痛みなどの感覚を細かくうかがうことが、治療や処置を適切に行うカギとなりえます。神経の通った歯の治療や外科処置の際にこれらの感覚が的確な処置を行う上で重要なてがかりとなります。



ドッグベストセメント

ドックベストメントが登場したことで、かなり進行した虫歯であっても、歯を削る量が減らせたり、神経を抜かずに治療ができる可能性が広がっています。

ドックベストセメント(Doc'sBestCements)とは、ドックベストセメントという特殊なセメントを虫歯になっている歯質に浸透させる事で虫歯が治まる新しい治療方法です。このセメントを塗り込むことで、人間の血液中に含まれる抗菌力とミネラルの力を使い、虫歯菌を殺菌します。

メリット デメリット
余分な歯を削らない
神経を残す確率が上がる
歯の寿命 長持ち
治療時間・通院回数が減らせる
殺菌力が長く、再発しいくい
歯周病改善にもつながる
全ての虫歯・歯痛に効くわけではありません成功率が80~90%
保険適用外、自費治療

*虫歯の状態や部位によっては、使用が出来ない、充分な効果が出ない場合がございます。
歯の内部の虫歯菌の治療は可能ですが、虫歯にならない歯になるわけではございません。
虫歯にセメントをつけるため、外れてくる場合がございます。その場合は、すぐにご来院ください。

カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)

カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は、 弱い濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液とアミノ酸などの溶液を混ぜた薬剤で、象牙質の虫歯部分に塗布すると、虫歯部分のみが軟らかくなり、それを特殊な器具で除去していく治療です。

カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は、従来の削る虫歯治療に比べて色々な利点があります。


メリット デメリット
余分な歯を削らない
神経を残す確率が上がる
歯の寿命 長持ち
治療時間・通院回数が減らせる
殺菌力が長く、再発しいくい
歯周病改善にもつながる
全ての虫歯・歯痛に効くわけではありません (神経に達するような深い虫歯には使えない)
成功率が80~90%
保険適用外、自費治療


●カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は、あまり痛くない
カリソルブでの虫歯治療は、象牙質の虫歯を薬で溶かして除去するので、従来の機械で削る治療に比べると、痛みがほとんど無いか極めて少ない痛みで治療できる可能性があります。

●カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は歯の神経を残せる可能性が高い
カリソルブでの虫歯治療は、象牙質の虫歯部分のみを除去することが可能なので、神経に近い虫歯治療でも神経を残せる可能性が高くなります。

●カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は健康な歯質を最大限に残せる
カリソルブでの虫歯治療は、象牙質の虫歯部分のみを除去することが可能なので、従来の機械で削る治療に比べると健康な歯を最大限に残せる可能性が高くなります。

●カリソルブ治療(歯を削らない虫歯治療)は静かな治療です。
カリソルブでの虫歯治療は、従来の削る機械の使用が最小限になりますので、音も振動も少ない静かな治療になります。

 

レーザー治療(プラズマレーザーシステム)

当院のレーザーは2種類のレーザーを有しております。CO2レーザーとNdYAGレーザーです。

プラズマレーザーシステム(NdYAGレーザー)はプラズマレーザーとチタン乳液とPOICウォーター及びエコ水(治療水)を組み合わせて使うことにより、レーザー単体ではできなかった様々な処置を可能とする新しい治療法です。当院で使用しているCO2レーザーよりもレーザーの波長低く、水に対する吸収性が低く、組織への浸透性が高いため、より深部に対する治療が可能となります。チタン乳液とPOICウォーターを併用することで、深部に限らず、歯肉の表層や歯牙に対する処置など自由にコントローしながら治療を行えるようになりました。

このプラズマレーザーシステムでできること
① 歯周炎・歯肉炎を痛みも少なく快適に健康な歯肉に近い状態に戻します
② 歯の根の治療後の痛みを和らげ治療結果もよりよい状態が期待できます
③ 入れ歯が当たって痛いなどのお口の中の不快な痛みを緩和します
④ 口内炎のつらい痛みを和らげ治りを早めます
⑤ 深く大きな虫歯も、神経を取らずに済むケースが増えます
⑥ 歯のしみる感覚を緩和することが出来ます
⑦ 口を開けるときのあごの痛みを和らげます
⑧ 健全な歯を、より虫歯になりにくい、強く丈夫な歯にします
⑨ 虫歯治療後の再発を限りなく予防します(歯質強化・二次虫歯予防)
⑩ 初期・中期の虫歯を、削らずに楽に治します(単回で済むことが多くなります)
⑪黒ずんだ歯肉の色を健康的なピンク色に戻します

 

メリット デメリット
余分な歯を削らない
神経を残す確率が上がる
歯の寿命 長持ち
麻酔を使わずに治療ができる
治療期間・通院回数が減らせる
歯質強化、再発しいくい
歯周病改善にもつながる
全ての虫歯・歯痛に効くわけではない
保険適用外、自費治療